一発合格の強い味方! | ケアマネ学習といえば晶文社

一発合格の強い味方!


▲画像をクリックすると、ページ見本と合格体験記が見れます。

繰り返すだけで一発合格できるんですか?

【ケアマネ編集長より】本サイトにアクセスいただき、ありがとうございます。みなさまは10月のケアマネ試験に向けて日々学習を続けられていることと思います。少し長くなりますが、晶文社『ケアマネジャー基本問題集』について紹介させてください(読了まで2分ほどです)。申し遅れました。私は晶文社のケアマネ編集長・川崎と申します。

先日、読者の方からこんなお電話をいただきました。「裏表紙に問題集を繰り返しただけで、一発合格したと書いてあるけど本当なんですか? 本当に問題集を繰り返すだけでいいんですか?」とおっしゃいます。

毎年、合格発表後には、たくさんの愛読者カードをいただきます。確かに裏表紙には一発合格した方の合格体験記を掲載していますが、もちろん、2回目や3回目のチャレンジで合格した方もいらっしゃいます。ただ、これまで15年間ケアマネ書籍を編集してきましたが、1回やっただけで合格できたという方からのハガキはあまり見たことがありません。みなさんやはり3回、4回、多い方は8回、9回と繰り返し問題を解いているようです。しかし、ただ繰り返せばよいということではありません。繰り返し方が重要なのです。そこで、『ケアマネジャー基本問題集』の繰り返し方のヒントをご紹介したいと思います。

勉強に強弱をつける

ケアマネジャー基本問題集』をやる際、1回目は正解・不正解にこだわらず、最後まで解いてください。このとき、間違った問題や理解があやふやな問題にはそのページに付箋をはっていきましょう。最初は付箋だらけになるかもしれません。

ひと通り終わったら、2回目に入ります。2回目は最初から最後まで付箋のページだけを解いていってください。このとき、問題文と解説をじっくりと読み、理解することに努めましょう。間違っていた問題や理解があやふやな問題は付箋をそのまま残し、理解できたら付箋を外していきます。

3回目、4回目は付箋の問題だけをやります(しっかり理解できるまでじっくり時間をかけましょう)。付箋が完全に外れたころには、かなり理解が進んでいると思います。このとき時間的な余裕がある方は、もう一度最初から問題を解いてみてください。付箋をはらなければならない問題はかなり少なくなっていると思います。

小さな達成感とモチベーションの維持

この勉強方法は過去の愛読者カードで送られてきた方法をアレンジしたものです。実際にこの方法で勉強をしてみると最初は付箋だらけで気が滅入るかもしれませんが、問題を繰り返すうちに付箋を外していく作業に小さな達成感を覚え、モチベーションも維持できると思います。これから本格的に試験勉強に取り組むという方は、この機会にぜひ一度、『ケアマネジャー基本問題集』を勉強の一部に取り入れてみていただければと存じます。本問題集は全国の書店や下記のネット書店でご購入いただけます。

■『ケアマネジャー基本問題集』

 

購入者特典として、過去問解説5回分を無料プレゼントしています。詳しくは上巻8ページ、下巻最終ページ、合格テキスト最終ページ、実戦予想問題問題編の最終ページのいずれかをご覧いただければと存じます。

ケアマネ一問一答をTwitterで毎日投稿中!
https://twitter.com/shobunsha_care
ぜひフォローしてください!